変化を求める人

頭の回転力を高めたい

   

5分間、文章(脳内音声)をただ書き続けるということを行ってみた(手書きで)。
その結果、約360文字。1秒当たり1.2文字。

ここで、タイピングだとどうなるだろうと
http://www.e-typing.ne.jp/
をやってみた。
その結果、WPMは長文だと300前後、腕試しだと250~270ぐらいに落ちるレベル。

もう少しいい結果が出ないかな~と、しりとり問題もやってみた。
繰り返したところ問題は変わらなかったので、しりとりの内容を覚えてから出来るだけ早く打つことを意識。
結果、WPMで450(スコアも450)が取れた。
が、覚えたものを頑張って打っても500などには届かない。頑張って450が限界(やさしい方で)。

例文の認識も遅いのかもしれないが、タイピングの速度も自分にはこれ以上無理っぽい。
どうやったら、500とかいくのか。


まあ、とりあえずタイピング速度はこんな感じなので「5keys/sec(ローマ字で2文字ちょい?)」ぐらいと考えると手で書くよりは早いかな?
変換とか、タイプミスを考えると結局はあまり変わらないのか?
いや書き損じも考えたら、やっぱりタイピングの方が早いか。

まあ、仮にタイピングや手書きの速度が倍になったとしても、ブログ記事の作成スピードはあまり上がる気がしない。
手を動かしている時間より、止めて考えている時間の方が圧倒的に長いと思う。

ここまで書いて、600文字無いくらい。時間にして15~20分くらい。
1分当たり100文字も書いてない。

作成スピードをあげるなら、頭の回転を上げないとダメなんだろう。

そんなわけで、
頭の回転力を鍛えるべく、書くという行為を習慣にしたい。
1コンテンツとしての体裁がとれるほどになれば、ブログ記事としてもいい。
まあとりあえず、高い完成度は求めない。

ただ、書くという行為に慣れれば、少しはいい方向に進んでいくのではないかと期待している。

一月ほど前にも似たようなことを書いたが、まあいいでしょう。
繰り返し宣言することで、自分に働きかけていこう。


結局、言いたいことは

ぼーっと、ただただ惰眠をむさぼり、だらだらと過ごすのはやめよう。
スパッと爽快な文章。ピリリとスパイスの効いた返し。
頭の回転が早い人間になりたい。

ここ何年も、頭に靄がかかっている、そんな気がしてすっきりしない。
もうそろそろ、霧が晴れてもいいんじゃないか。

ついでに、冴えに冴えた思考を活かすために、
「脳内を念写するシステム」とかどっかにないかな?

(あれっ?)

 - 日記てきな

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

最近 isai(LGL22)の調子が悪かったので isai beat に機種変更した。

日記ですので悪しからず。 タイトルの通り、先日 isai beat に機種変更い …

no image
高校を卒業してから毎年のように5月病を発症する。どうすれば回避できるのかわからない。

これになると、もうダメ。 やる気がゼロになる。無気力。 何もしたくない。何もしな …

基本情報技術者試験に合格

名前の書き忘れや、選択問題の塗り忘れなどはなかったのだろう。 とりあえず、ほっと …

no image
頭の回転力を高めたい2

今日はPCとキーボードで5分書き続けをやってみた。 微妙な感じだ。 変換時に余計 …

[メモ書き]言葉、漢字の使い分けに迷ったり、忘れたりするので

「使用」と「利用」 使用 > 利用 「使用」の方が幅広く「使う」という意 「利用 …