変化を求める人

CentOS7にLAMP環境構築をした際のメモ。インストール編。

      2016/08/28

仮想環境上にCentOS7をインストールし、LAMPを構築した際のメモ。
基本的に参考サイトの手順通りに行っただけ。

なお、この記事では各パッケージのインストール手順のみで、起動その他設定などは別記事にアップする。(予定)
また、この記事では、OSのインストールは済んでいるものとする。

追記: 設定に単独記事が書けるほどの知識がないので、この記事に追加することにしました。

LAMP環境構築

目次

環境(バージョン)

仮想環境
VMware Workstarion 12 Player
ホストOS
Windows8
ゲストOS
CentOS7 minimal
Apache
2.4.6
MySQL
5.7.14
PHP
5.6.24

インストールはrootで行う。
基本的に yum install パッケージ名 でインストール出来る。

1.httpdインストール

これは単純に

でOK

2.MySQL インストール

CentOS7ではデフォルトのデータベースが、MariaDBというものに変更されている。
そのため、標準リポジトリを使って yum install mysql としてもインストール出来ない。
したがって、まずは「MySQL公式のyumリポジトリを追加する」という手順が必要となる。

参考サイト: MySQL 5.7 を CentOS 7 に yum インストールする手順 - WEB ARCH LABO

2.1MySQL公式のyumリポジトリを追加

公式サイトページ下部の「Red Hat Enterprise Linux 7 / Oracle Linux 7 (Architecture Independent), RPM Package」 の右にある「Download」をクリック。
遷移先画面の下部、「No thanks, just start my download.」のテキストリンクが指すURLを、yumコマンドに指定してインストールする。

2.2MySQLをインストール

リポジトリを追加したら

を実行。
依存するパッケージなども諸々インストールされる。

2.3MySQLの起動・設定

MySQLの起動

初回起動時(?)に、rootユーザーのパスワードが作成される。(CentOSのユーザーではなくMySQLのユーザー)
作成されたパスワードは、/var/log/mysqld.logに記載されているので、初回ログイン後、パスワードの変更を行う。
パスワードの設定については
CentOS7.1にMySQL 5.7をインストール
などを参考にしました。

3.PHP インストール

標準リポジトリのPHPバージョンは5.4。
そのため、PHP5.7やPHP7.0などのバージョンをインストールするためにリポジトリを追加する必要がある。

追加するリポジトリは2つ。

Remiリポジトリ
PHP5.7などを含むリポジトリ
EPELリポジトリ
Remiリポジトリ自体をインストールするために必要なリポジトリ

3.1EPELおよびRemiリポジトリを追加

今試してみたところ、
 1.EPELリポジトリをインストール
 2.Remiリポジトリをインストール
という手順じゃなくても出来たので、先にRemiリポジトリのインストール方法を記す。

Remi公式サイトの中段、「Distribution choice – Repository content」にある、「remi-release-7.rpm」が指すURLを、yumコマンドに指定してインストールする。

上記のコマンドを実行することで、EPELリポジトリをインストールレていない場合、同時にインストールしてくれた。(問題があるのかどうかわからないので、不安ならば先にEPELリポジトリを入れておいた方がいいのかな)

ちなみに、EPELリポジトリ単独でのインストールは

でできる。

3.2PHPをインストール

最後に、上記でインストールしたRemiリポジトリを利用してPHPをインストールする。
コマンドは次の通り。

3.3インストール時のミス

ここで、個人的にミスをした部分があるので、メモ。

1つ目。
yum install –enablerepo=remi,remi-php56 php56
パッケージ名を「php56」としてしまった。

これでもインストールされたが、コマンド名などが「php56」となってしまい、気持ちが悪いためアンインストールした。

これでアンインストール。

2つ目。
入れ直した際に、再びミス。
–enablerepo=remi,php56 この部分を間違えた(remi-php56がphp56になっていた)。
そのため、インストールされたバージョンが 5.4(標準リポジトリ)になってしまった。
指定を間違えてもとくに、警告などはないらしい。

ただし、インストール前の確認をちゃんとすれば、バージョンが異なることに気付けたはず。
ということで、インストール前に次のような確認をお勧めします。

yuminfo赤線部分のバージョン確認。

なお、インストール時に、 yオプションをつけていなければ、最後の確認も出来ます。
phpinstall赤線のバージョン部分が、5.4になっている。
このままインストールすると、バージョンが異なるものがインストールされてしまうため、 この時点で 「N」を選択すれば、インストールを取りやめることが出来る。

 - Linux , , ,

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ローカルの仮想サーバにWordPressのテスト環境を作るまで

ローカルPC上で構築しているが、途中でXserver上のテストページで作ればよか …

VMware内のCentOS(NAT接続)にLAN内のタブレット(android)からアクセスする

前回につづいて、仮想環境の設定。 ブリッジ接続の場合、ホストOSのLANに直接参 …

VMwareにCentOS7をインストール。yumに失敗したのは、ゲートウェイとDNSの指定をしていなかったから

今回、勉強を兼ねてブログ用のテスト環境を作成しようと、久しぶりに仮想環境の構築か …