変化を求める人

PHPを書いてみる。・・・その前に

   

前回でLAMP環境を構築(というかインストール)は済んだので、
とりあえずPHPで「Hello world」的なことをしようと思う。

で、そもそもどうやって確認するのか。

  1. phpファイルを作成
  2. 作成した「phpファイル」を「ドキュメントルート」より下位層に置く。
  3. ウェブブラウザでアクセス。

流れとしては上記のような感じでいいかな。

ドキュメントルートとは?

で、ドキュメントルートとは何で、どこなのか?

何?
Webサーバとして、外部に公開する範囲を決めるために指定する。
記述場所
/etc/httpd/conf/httpd.conf

(大体こんな感じか?)

デフォルトだと次のような形で指定されている。( catコマンド と grepコマンドで確認してみた )

というわけで、/var/www/html以下に置けばブラウザから確認できるはず。

PHPファイルを作成する

PHPでの「Hello World」は phpinfoを書くのが作法(?)。
/var/www/html/index.php を作成し、次の1行を記述、保存。

で、ブラウザから確認する。

捕捉:アドレス確認

Webサーバのアドレスが分からない場合。
CentOS7だと、ipconfig ではなく、ip addr(もしくは ip a)を使う。

上はループバック用なので、下の 192.168.0.17 がこの場合に必要なアドレス。

ということで、
http://192.168.0.17/index.php にアクセス。

次のように情報がだらっと表示されれば成功。

phpinfo

エラー?

真っ白。
ブラウザ上でソースを確認してみると、<?php phpinfo(); ?>と書かれている。
タイポなどはなさそうだけど、なぜだ~。

と思ったら、拡張子を html にしていた。 これでは「phpファイル」として見てくれない。
そのため、phpのコード部分はhtmlのタグ的な扱いで無視(表示されず)、結果真っ白になってしまったのだと思われる。

PHPのエラー出力

ちなみに、phpのコードに間違いがあった場合、デフォルトだと画面上にエラーを出力してくれない。
そのため、ソースコードも真っ白になっている。

こんな感じで間違い確認

上のようなコードを書いてみて、 Hello のみ表示された場合、phpコードに間違いがあるだろうことが確認できる。
(phpのコード以降が表示されない)

このやり方でもミスがあることは確認出来る。が、もう少し情報を知りたい。

ということで、エラーを出力する方法。

エラーの出力方法 2つ

2つの方法があるらしい。

php.iniを編集する
display_errors = On にする。
各phpファイルにその都度エラー出力を指定する。
ini_set(‘display_errors’, ‘1’);をファイルの頭で呼ぶ。

参考:PHPマニュアル

エラー出力例

終わりに

とりあえず、最初に詰まった部分などをだらっと書いてみた。

追記:
スマホで見たら非常に見にくい。
<dl>タグとかってデフォルトだとダメなのか?
それとも、cssでなにか影響しているのか?

 - PHP

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

htmlとか簡単だろ?って思ってた。phpってなにさ?

独学だがJavaやCの文法はある程度覚えた。 このサイトは phpってなに? ぐ …